岸田文雄の政策

政策一覧へ

■消費者庁

 平成21年5月29日、「消費者庁及び消費者委員会設置法」「消費者庁及び消費者委員会設置法の施行に伴う関係法律の整備に関する法律」「消費者安全法」が可決成立し、9月にも消費者庁が設置されることが決定致しました。
 消費者庁という新しい中央省庁が新設されることは、昭和46年に新設された環境庁(現環境省)以来の大きな行政改革と言えます。
 岸田文雄は消費者庁設置に、初代消費者行政推進担当大臣として内閣提出法案としての消費者庁設置法案をとりまとめ、その後は自民党消費者問題調査会長として党内の議論をリードし、内閣提出法案が衆議院に提出されてからは、衆議院消費者問題に関する特別委員会与党筆頭理事として法案修正について野党と協議を重ね、修正法案を取りまとめて筆頭の修正案提出者に名前を連ねました。
 
 成立するまで衆議院では約60時間、参議院でも30時間近い長い審議時間をかけ、具体的かつ丁寧な議論を続けました。
 結果として広い意味での消費者の利益を擁護しうる、今の時代に相応しい法律が出来たと言えるでしょう。いままで産業振興官庁という側面の強かった日本の中央省庁に対し、消費者庁は消費者目線の国民本位の新しい省庁と言えます。
 岸田文雄は消費者庁設置に向け常に中心であり第一線で議論をリードし、この大改革を成し遂げました。

次へ

プロフィールトップ連絡先

Cpoyright (c)2005 Kishida Fumio , All rights reserved.