岸田文雄の政策

政策一覧へ

■第5回アフリカ開発会議

 アフリカ開発会議(TICAD)とは、日本政府が中心となって、日本政府・国連・アフリカのためのグローバル連合・世界銀行の共催で5年に1度開催される、アフリカの発展をテーマとした国際会議です。今回は横浜において6月1日〜6月3日の期間で開催され、『「横浜宣言2013」躍動のアフリカと手を携えて』と『TICAD V横浜行動計画』の文書を採択して大盛況のうちに閉幕しました。
 岸田文雄も外務大臣としてこの会議に参加し、三日間の間に2回のスピーチと、22回の各国各機関の首脳と会談・署名をこなしました。
 今回の基本方針は「民間の貿易投資を促進し、アフリカの成長を後押しする」「日本らしい支援を通じ、「人間の安全保障」を推進する」などであり、支援だけで終わるのではなく、アフリカがより発展し成長するための後押しとなる支援を推進していくことを目的に掲げています。これを期に、アフリカの平和と発展を通じ日本との益々の力強いパートナーシップを築いていけることを期待しています。

次へ

プロフィールトップ連絡先

Cpoyright (c)2005 Kishida Fumio , All rights reserved.